リゾートバイトは短期と長期でどちらがいいのか?

短期は何といっても求人数が多い

リゾートバイトにおいて短期と言えば1か月から3か月ぐらいの期間になります。1か月未満であれば超短期ということもあります。リゾートバイトで言うと一番求人数が多いです。求人数が多いからどこに行ってどういう仕事をするのかという選択の余地があります。初心者であれば自分の向き不向きを見極めるうえで、まずは短期間で働いてみることをおすすめします。

短期は仕事が慣れてきたころに終了する

短期だと1か月から3か月ぐらいで終了してしまいますので、気に入ったリゾートバイトであれば終わるのが惜しいという気持ちになります。最初はなかなか仕事に慣れずに怒られることも多いかもしれませんが、だんだん仕事に慣れてきたころに契約が満了しますので、残念だと感じることもあるでしょう。もう一度同じリゾート地で働いてみたいのであれば、1年後に申し込むことも可能です。

長期だとリゾート地が地元みたいな感じになる

リゾートバイトにおいて長期で働くともなると、3か月以上になります。3か月以上もリゾート地に住みついているとだんだん地元のような感じで働くことが可能です。3か月以上も働けば仕事にも慣れてきますので、リゾート地をエンジョイすることができますし、自分でシフトを決めることもできます。次第に待遇が良くなってきますので、お金を使わなければ十分に貯めることもできるでしょう。

長期でいるとだんだん飽きてくる

長期で同じところにいると、リゾート地でずっと遊んだとしても飽きてしまう可能性があります。リゾート地でそれほど娯楽が無いところであれば、本当に暇つぶしをすることすら難しいです。基本的には田舎ですから、そういう生活に耐えることができないならば、短期で別のところを転々とするような形でリゾートバイトをしたほうがいいでしょう。

リゾートバイトには様々なメリットがありますが、それらのうちの1つは、リフレッシュできることです。非日常を感じながら働くことができるので、お金を稼げるだけではなく、気分のリフレッシュができます。