住み込みで工場仕事をする場合のポイントとは

求人を探すことからスタートする

可能な限り住んでいるところの家賃を減らしたい場合には、思い切って住み込みの工場仕事を選ぶ必要があります。工場によっては、寮が用意されているところも多いですので求人票で確認をしておく必要があります。ただ、求人票に住み込みができることが書かれていたとしても、寮が定員オーバーになっている時は入寮することができませんので要注意です。さらに、どれぐらい寮費が引かれるかも重要な関心ごとの一つになります。家賃が賃貸住宅と比べて大幅に安くなるようならば住み込みをしてみてもよいかもしれません。その点は、入社する前の求人の段階で確認をしておかなければならない事項です。

寮はどのようになっているか見学をさせてもらう

求人に従って面接を行い、入社することが決まった場合でも事前に寮がどのようになっているか見学させてもらうことが必要になるでしょう。まだ合格していない場合には見学をする事はできない可能性がありますが、合格してるならば見学するべきです。その工場によって自分の部屋が個室になっているところと集団部屋になっているところがありますので、事前にその情報を知らないとこんなはずではなかったと後悔しかねません。

それ以外で見ておきたいところは、食堂です。食堂があれば、朝と夕食は安く食べることが可能になりお財布に優しいでしょう。もしない場合は、近くにコンビニエンスストアやスーパーマーケットがあるかを確認しておかなければならないです。それ以外に注意したいところは、お風呂とトイレになります。場所によっては、お風呂とトイレが共同のところもあります。

日総工産の公式サイト