外資系の会社に転職する方法は主に2つある

英語でコミュニケーションできるようにする

外資系の会社へ転職するには、英語の能力を高める必要があります。英語を使って意思の疎通ができることがポイントです。自分の伝えたいことを相手に正確に伝えられて、相手の話すことも確実に理解できなければなりません。このような英語の能力が高ければ高いほど有利になります。意外と見落とされてしまうことですが、書く力も求められます。例えば英語でEメールを書ける能力がなければ、外資系で仕事をするのが難しい場合があります。

社員に求める英語の能力は会社ごとに異なっています。上記に書いたように英語の能力が高いことが理想ですが、自分の意思を何とか伝えられる程度の英語力で良い場合もあります。

英語力に自信があれば欧米の会社に転職する

流暢な英語を話すことができて、聞き取りの能力もあり、書くことにも不自由しない場合は欧米の会社に転職できます。日本人でそのような能力を身に付けるのは難しい場合もあります。そんな時は英語の学校に通って英語力を磨くのが良い方法です。学校の種類はいくつかありますが、マンツーマンの授業を受けられるところが、高度な英語力を必要とする転職には適しています。マンツーマンの授業だったら、講師が自分の弱いところを重点的に教えてくれるので、英語力が伸びやすいです。

アジア系の会社に入る方法もある

外資系にはアジアの会社もあります。アジアの会社であっても、社内で使われるのは英語のことが多いです。このタイプの会社は、欧米の会社ほど高い英語能力を求めないところが多いです。TOEICの点数で言えば、500点台でも構わないところがあります。学校に通っても英語力が伸びにくい場合は、この方法を考えてみましょう。

外資系求人は、実力主義の評価制度が採用されているものや、様々な職種の実務経験者を対象としたものが多く、ポテンシャルの高い転職希望者の間で関心が集まっています。