転職するなら外資系!どうすれば転職できるの?

意外に多い?知り合いを頼る!

会社の同僚や先輩、後輩で外資系に転職した人がいるときは、話を聞いてみることをおすすめします。場合によっては、彼らが転職した会社で紹介プログラムを実施していることがあります。仮に彼らの紹介で自分が入社することができたら、紹介した人にボーナスが支払われることもあり、思い切って相談をしてみたら喜んで会社について話をしてくれるかもしれません。また、会社側も現役社員の紹介なら安心と感じる可能性も高く、条件があえば転職が決まりやすいともいえます。

実務経験と語学力が必要!

頼れる知り合いがいないときは、自分で求人にエントリーすることもあるでしょう。外資系に転職するときは、特別なスキルがなくても大丈夫な仕事もたくさんあります。そのため、外資系だからといって必要以上に構える必要はありません。しかし、転職するのであれば、エントリーする仕事の実務経験があることが最低限の条件になるはずです。ときには未経験者可の求人もありますが、経験者がより有利になるでしょう。さらに、語学力を求められない仕事もある一方で、実際には最低限として英語でコミュニケーションができたほうが入社後に困らなくてすみますよ。

転職エージェントに相談が近道かも?

自分では仕事を探すのが難しい、自分のスキルや適性がよくわからない、と感じることもあるでしょう。外資系の会社に転職したいときは、転職エージェントに相談してみるのもひとつの方法です。エージェントに相談することで、いままで気づかなかった自分の強みを発見できることもありますよ。また、エージェントが希望に近い仕事を探してくれるのもメリットです。

外資系転職は、国内の企業とは違い、語学力や専門性の高い職種のスキル、海外勤務の経験などが重視されることがあります。