みんな意外と知らない?気になる工場の仕事内容とは

工場での職務内容って何?

工場の仕事と聞くとライン作業をイメージする方も多いかもしれませんね。確かに、ライン作業もありますが工場の仕事はそれだけではないです。ライン作業や管理、物流などさまざまな部署によって成り立っています。工場はライン作業の場合、ベルトコンベアで流れてくる製品を加工して完成させる作業です。食品から雑貨に至るまでさまざまなものを取り扱っています。それ全体を管理していく仕事がライン管理になります。ライン管理は生産や品質だけでなく、ときにはトラブル対応をすることもあるため、工場にとってもかかせない部署です。また、工場は密室の空間でずっと作業するというイメージを持つ方もいるのですが、そのような部署だけではありません。物流の場合、納品管理や在庫管理、ラインへの搬入などがあり工場だけでなく外回りをすることだってあります。

この場合、ずっと同じところで作業するのは苦手という方でも安心して働けますよね。他にも事務や技術開発など、工場から離れた場所で働く方もいます。

製造ではどんな仕事をするの?

製造は組立や加工などの機器を取り扱うものや、食品や飲料など食品を取り扱うものがあります。組立や加工の場合は家電や電子部品、OA機器などの組み立てや加工を行い、食品や飲料の場合は冷凍食品や加工食品、インスタント食品などの製造を行います。どれも流れ作業になりますが、扱うものが違うのでその工場によっても仕事内容が変わってくるでしょう。工場によっては大手の企業の仕事を請け負うところもあります。そのため、有名メーカーの製品に携わることもできるんです。なかには自分が作った商品が市場に出ていることも。そんな経験もできるのは工場の仕事ならではですね。

山形の工場の求人では、学歴不問で経験がなくてもOKという工場があります。入職後に教育制度があり、日勤で福利厚生が充実しているので安心して働けます。